痩せたいならゼニカルを飲めば一発解決!無理なダイエットをする必要はありません。きつい食事制限や辛い運動をするのはやめましょう。ゼニカルについて徹底的に解説してまいりますのでよろしければご覧ください。

  • ホーム
  • ゼニカルが油を出す仕組み

ゼニカルが油を出す仕組み

スタイルのいい女性

ゼニカルは脂肪の吸収をカットして、ダイエット効果を発揮する肥満治療薬の1つです。
重度の肥満患者に処方されるだけでなく、海外ではスタイルキープのためにモデルやせレブの間でも服用者が数多くいます。
今まで肥満治療薬は脳の神経に作用し、食欲を抑えるタイプが主流でした。
神経に作用する薬という事もあり、服用を躊躇う方も多かったようです。

一方のゼニカルは直接脂肪の吸収を抑えます。
脳の作用する薬よりも安全性が高いという事で、海外でなく細菌は日本でも服用者が増えつつあります。
どのようにして脂肪の吸収をカット出来るのか、気になるという方も多いでしょう。
脂肪は腸に届いても、そのままだと吸収されません。
脂肪の分子は大きすぎるので、そのままだと腸で吸収されないのです。
食事に含まれる脂肪分は、まずリパーゼという脂肪分解酵素によって分解されます。
酵素によって細かくなる事で、やっと腸で吸収されるのです。

ゼニカルにはリパーゼの作用を抑制する有効成分が含まれており、服用する事で脂肪の分解を妨げます。
通常、ゼニカルを食前に1錠服用すれば、食事に含まれる脂肪の約30%分の吸収をカットする事が可能です。
分子が大きいままの脂肪分は、そのままオイルのような形で排泄されます。
ゼニカルを服用する事によって、自分の目でどれだけ脂肪を摂っていたかを知る事が出来る点も特徴です。
脂肪が吸収されず便に含まれる事で、下痢を起こしてしまう危険性がありますが、服用すればかなりのカロリーカットに繋がります。
揚げ物など脂っこい食事が止められない、脂肪分の多いお肉が好き、また生クリームなど脂肪分がたっぷりの洋菓子を食べてしまうといった方は、ゼニカルを活用してダイエットしてみましょう。

人気記事一覧